プロフィール

アイソラ

Author:アイソラ
_1216365982_619.gif

猫鯖でひっそりまったり活動中。
クラブ:ぴんきりに所属中
毎日更新が目標。

Lv222
特技:チャット誤爆
職業:大学生
血液型:O型Rh+
星座:おひつじ
性格:気分屋かも
明るい人には憧れます。

TW復帰しました

同名の某財布ブランドとは一切関係ありません

リンクはご自由に
相互リンク随時募集です

「TWは、愛すべき悪循環」

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人生のAGIが足りない
TW自粛中の人が綴る日常のありさま。 更新はまったり。 人生のAGI(機敏さ)が足りない人のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お薬特集 第四回 デプロメール
 
久々のお薬特集です。

今回は、デプロメール。

これはうつ病の治療から、不登校者の治療まで幅広く処方されているお薬です。


素人が編集したものですので、決してすべてを鵜呑みにしないよう、お願いします。



「選択的セロトニン再取込阻害薬」(SSRI)に分類されるデプロメールは、セロトニン系の神経のみに作用する革新的な薬として、1999年に認可されました。
セロトニンは、人間の様々な精神作用に関係する重要な物質です。
小腸でその90%が作られ、大部分が消化活動に使われ、残りが脳へと運ばれます。

SSRIに分類される薬は、不安な気持ちを静めたり、憂鬱な気分を和らげます。
うつ病状態だと、脳が受け取るセロトニンの量が減少してしまっています。
それは、分泌器官が、分泌したセロトニンを再度取り込みしてしまうことにあります。
SSRIは、それを抑制することで、脳にセロトニンが行き渡る量を増やす目的があります。
だから、「再取り込み阻害薬」なんですね。

デプロメールはうつ病のほか、強迫性障害や社会不安障害、パニック障害にも処方され、デパス同様、肩こりの薬などにも処方されることがあるようです。
不登校児に使用される目的もそこにあります。(不登校の場合、不安を抑えるだけでは改善されないと思うのですが……)
最近では、24歳以下の人にデプロメールを処方すると、良くない衝動に駆られるという傾向が見られるようになってきたようなので、今ではどうかよくわかりません。

また、従来の「三環形抗うつ薬」と違い、副作用が抑えられているのも特徴です。
しかし、飲み始めの副作用はあるとの事なので、注意が必要です。
吐き気、下痢、頭痛、眠気、性欲減退などがそうです。
服用量が多いと頭痛が多くなるとの報告もあります。
副作用は、たいてい二週間程度飲み続けていれば消えていきます。
アルコールで副作用が増大しますので、控えることも大事です。

また、デプロメールの変わった副作用として「セロトニン症候群」があります。
酷い発汗や体の震え、 発熱といった症状が「希に」出るようです。

しかしながら、デプロメールは抗うつ薬としては効き目が弱い方なので、薬の効果を実感することはあまりないようです。
気分を持ち上げるアップ系でなく、気分を和らげるダウン系の薬と認識してください。
また、薬価が高いのもネックです。
25mg錠と50mg錠があるんですが、それぞれ一錠50.1円、87.8円もします。



まとめ
デプロメールは、広くうつ病治療に使われる、導入的お薬と言えます。
初診時に処方されることが多く、多くの方が服用の経験を持っていると思います。
副作用こそありますが、それも軽く、よいお薬だと言えるでしょう。
うつの他には、摂食障害、過食嘔吐、月経前不快気分障害、パニック障害などにも応用されているようです。

うつ病では、症状がよくなってからも、しばらく少量を続けることが多いです。
急にやめると禁断症状が出るからです。
症状や環境にもよりますが、半年~2年くらいは続けることになるとか。
根気よく飲み続ける必要のある薬と言えるでしょうね。
うまくまとまっていなくてすみません。
良くない部分ばかり書いていた気がしますが、デプロメールはよいお薬として、安全性もさることながら、広く使われております。
もしお世話になることがあったら、よほど相性が悪くない限り、優れた抗うつ作用が期待できるでしょう。



薬物には必ずといっていいほど依存が付きまといますね。
タバコしかり、デパスしかり、依存とはやっかいなものです。

そんなこんなで、お薬特集の第四回は終わりです。
うつ病は、10人に1人がかかりうる「病気」です。
そのための知識は、無いよりも有るに越したことはないのです。
 
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お薬特集第三回 タバコ
 
今回はタバコです。

なぜお薬として取り上げるかというと、タバコも立派な薬物だからです。

タバコほど、これだけ世界に浸透している薬物は他にありません。

というわけで、タバコの効能・副作用をまとめてみました。

ちなみに私はタバコを吸いません。

嫌煙の風潮が高まる中、できるだけ客観的な記事にしたいと思います。


素人が編集したものですので、決してすべてを鵜呑みにしないよう、お願いします。


タバコは服用すると、ドーパミン(快感)・ノルアドレナリン(覚醒)・アセチルコリン(覚醒)・パゾプレッシン(記憶力向上)・セロトニン(気分転換)の分泌を促進します。

それらによって、集中力が上がったり、目が覚めたり、頭がすっきりするといった効能が得られるわけです。
よくタバコは百害あって一利なしといわれますが、利点だってあるわけです。

コーヒーのカフェインにも、覚醒作用、脳細動脈収縮作用、利尿作用がありますが、タバコの方が多くの効能を持っていると言えるでしょう。

しかしながら、現代では害の方が大きくクローズアップされ、嫌煙の方向へと向かっています。
それは私たちにとっては喜ぶべき事なのかもしれません。
副流煙による害を抑えることにも繋がるでしょうし。

次はタバコの害についてです。
タバコを吸うと、肺がん、心疾患、脳卒中による死亡リスクが高まります。
禁煙者が平均2%に対して、喫煙者は平均15%ほどまで、それらの病気で死亡する確率が上がる統計があります。
発ガン率もぐんと上がり、がんで死亡した人の30%は喫煙者だったとデータがあります。
また、胎児の影響も深刻なものがあります。
奇形・障害児が生まれる可能性がぐんと高まります。
生まれてくる子供のためにも、周りの人は配慮すべきでしょう。

では、タバコを吸わなければいいと言えば簡単ですが、それに常について回るんものは「ニコチン依存」です。
ニコチンは、 アルカロイドの一種であり、毒物および劇物取締法に毒物として指定されている物質です。
ニコチンを体内に摂取すると、上記で挙げたような物質が、脳内で分泌され、快感を引き起こします。
すると、脳はその快感を記憶し、また同じ快感を得るためにニコチンを摂取させようとします。
しかし、人間の体は薬物に対して「耐性」がつくので、同じ量では満足できなくなります。
その結果として、ニコチンがほしい→量が増える、という図式が出来上がるのです。
またニコチンは、脳血管の異物を排除するフィルターをいとも簡単に通過して、脳血管内に進入します。
ニコチンは脳に直接作用する物質なのです。

最後に、副流煙についてです。
副流煙は、タバコのフィルターを通らずに、直接空気中に放たれた煙のことです。
先っちょから出ている煙って言えばわかるでしょうか。
そのため、ろ過されなかった有害物質を多く含んでいるため、フィルターを介して吸った煙よりも毒です。
周りに人がいた場合、それを吸わせてしまう危険性があります。
喫煙者は、できるだけ、副流煙を吸わせない配慮が必要になってくるでしょう。




まとめ、
タバコには優れた効果があるが、一般的に言われているとおり害の方が多く、新規に吸い始める人にはお勧めできない。
タバコは各種病気を引き起こすリスクが高くなる。
吸い続けると、だんだん増えていく生理的なシステムがある。
といったところでしょうか。

私はタバコを吸う人を責めたり嫌ったりすることはしません。
彼らがスタイルで吸っている事に関して、私は口を挟むことができないからです。
つらいことがあったとき、何かに逃げたがるのは当然の事です。
そのひとつがタバコであって、それが明日を生きるための糧になっているならば、私は何も言えません。

ただ、やっぱり吸いすぎはよくないと思うので、その場合は注意をしたいところです。
いくら害あがあろうと、吸うのは個人の自由なんですから。
でも妊婦さんの前で吸うのは非常識の極み!

私の考えって、甘いですか?



でも、ポイ捨てだけは
やめてほしい


あれがとても汚い行為に、私の目には映ります。

あと歩きタバコ。
これで失明してしまった子供もいるので、絶対にやめるべきです。

非喫煙者にも、ある程度の配慮もしてほしいです。
結局最後は、ひとりひとりのマナーの問題になってきますね。
今の日本にそれがどのくらい生きているかは疑問ですが。


そんなこんなで、第三回は終わりです。
もう少し深く掘り下げたかった題材ではあります。
タバコは、生きていくうちで避けては通れないものです。
しかも、うつ病の引き金にもなるという記事も見つけたので、ますます気になるところでもあります。
薬と病気、そのための知識は、無いよりもあったほうがずっといいのです。
  

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お薬特集第二回 ドグマチール
 
お前きもいとか言われそうなお薬特集の第二回です。

でもしょうがないじゃないですか、興味あるんですもん!


今回は、「ドグマチール」について調べてみました。

地表からマグマが噴出してきそうなすごい名前ですよね。

ドグマチールは、うつ病の治療に広く用いられている薬だと聞きます。

うつ病を語る上で必要不可欠だと思ったので、今回の対象にしてみました。


素人が編集したものですので、決してすべてを鵜呑みにしないよう、お願いします。


ドグマチールは「スピルリド」という薬に分類されます。
スピルリドは、比較的軽いうつ状態の時に処方されるお薬です。
また、食欲不振や吐き気があるときや、少量を胃腸薬としても処方されます。
前回のデパス同様、うつ以外の用途にも多く使われる薬といっていいでしょう。
統合失調症の治療にも用いられます。

ドグマチールは安定剤としては作用がおだやで、副作用も穏やかな方です。いろいろな精神症状の改善に広く使われています。
元々、ドグマチールは胃薬でして、その作用は消化管の運動機能亢進にあります。
抗うつ作用は副産物的なものにすぎないようです。
結果的に胃腸の働きもよくするので、食欲が増し、体重が増加します。
食欲が減退するうつ病の方にはちょうどよいのかもしれません。

一方、ドグマチールには不思議な副作用が多く見られます。
副作用で多いのは、女性の生理が乱れたり、乳汁が出たりすることです。
男性では乳房が張ってくることもあります。
乳房にしこりができることもあり、乳がんと間違える場合もあります。
その原因は、女性ホルモンであるプロラクチンという乳腺分泌刺激物質の分泌が促進されるのために、そういう症状が出るらしいです。
中には髭が生えたりもするというから驚きです。
いずれも、服用をやめれば、症状は治るようです。
高齢の人や体の弱っている人は、副作用がでやすいので慎重に用います。


まとめると、ドグマチールはうつの薬だけでなく、統合失調症や、胃腸にまで作用する、用途の広い薬と言えます。
ただ、胃腸薬として処方されるケースは少ないようなので、用途の主流は抗うつにあるようです。
また、ドグマチールを語る上で避けられないのは副作用です。
上で挙げたようなものが実際に体に起こったら、戸惑ってしまいますよね。
体重増加や、胸にしこりができたら、いい気分はしません。
しかし副作用を怖がっていたら、治るものも治りません。
これでもドグマチールは、抗うつ薬としては副作用は少ない方に分類されるようなので。
お医者さんの指示をきちんと守って、薬を飲み続けることが、うつ病克服の第一歩だと私は思うのです。
と、医者でもなく、実際にかかったことも無い私が言っても説得力がないのでした(笑


そんなこんなで、お薬特集の第二回は終わりです。
うつ病は、10人に1人がかかりうる「病気」です。
そのための知識は、無いよりも有るに越したことはないのです。
 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お薬特集第一回 デパス
 
浜崎あゆみさんも服用していたと言われる「デパス」。

耳が聞こえるってコンサートで言っておきながら、そのあとやっぱり聞こえないって事になっているんですよね。

ファンを振り回すのはよくないですよ~。


で、そのデパスって、うつ病の治療にも使われるんですよね。

そんなわけで、デパスについて調べてみました。


素人が編集したものですので、決してすべてを鵜呑みにしないよう、お願いします。


デパスは、今出ているマイナートランキナイザー(抗不安薬)の中で最も抗不安作用が強い薬で、不安や緊張が強い場合に使われます。
睡眠薬としても処方され、若干の抗うつ作用もあります。
緊張型頭痛や頸椎症、腰痛症、肩こりなどにも、応用して処方されるようです。
重い副作用はほとんどなく、眠気、ふらつき、けん怠感、脱力感などが挙げられます。
アルコールとの併用は、神経抑制作用とアルコールの酩酊作用を増強するため危険。
精神科だけでなく、内科でも比較的手軽に処方される「国民薬」とも言われます。
SNRIやSSRIと併用されて処方されることが多いようです。
飲んで10分くらいで効果が現れ、4~5時間、効果が継続します。

一方、デパスには依存性があり、長期に渡る服用や、むやみに服用量を増やした後に服用を止めると、離脱症状が現れる場合があります。
イライラ、不安感、ふるえ、不眠、まれにけいれん発作、ときにせん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等などが主な症状です。
計画的かつ、漸減的に量を減らしていく必要があります。



こんなところでしょうか。
肩こりから不眠、不安障害まで、幅広く処方されているのがデパスです。
しかしながら、依存の危険性も秘めた薬とも言えるのでしょうか。
なおデパスは、ふつうの生活で感じるイライラや軽いストレスの解消だけを目的に、安易に飲むべきでものではないようです。
治療を目的にするなど、医師のきちんとした診断のうえで使用する必要があります。


そんなこんなで、お薬特集の第一回は終わりです。
心の病は、誰でもかかりうるものです。
そのための知識は、無いよりも有るに越したことはないのです。
 
予約投稿なので、コメント返信はあとでします。
 

テーマ:テイルズウィーバー - ジャンル:オンラインゲーム

うつ病
 
うつ病に興味があるので、ちょっと気合入れて調べてみました。
ほとんどがサイトからコピペして、わかりにくそうな部分を改変したものですが、その点は流し読み程度に読んでくれると助かります。

素人が編集したものですので、参考程度に、決してすべてを鵜呑みにしないでください。


参考サイト
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/dep0.html
http://www.okusuri110.com/biyokibetu/biyoki_00_00frame.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%A4%E7%97%85


うつ病は、脳内の物質伝達異常によって発生する「病気」(神経障害の一種)です。
激しい絶望感に襲われ、将来への希望が消え去ります。
何もする気力も起きなくなり、仕事や勉強にも手がつかなくなります。
不眠や食欲減退が人によって現れます。
それによって休息や栄養を十分に取れずに、新たな合併症を引き起こす原因にもなりかねません。

これは病気なので、「時間が解決してくれる」「気合でなんとかなる」という問題で解決できるものではありません。
放っておくと、自殺を企図したり、さらにうつ病が進行したりします。
「心の病気」と捉えられがちですが、これは誤りなのです。

有病率はとても高く、10人に1人と言われるほど。
病院にいかないために、自分がうつ病だと気づかない人もたくさんいるそうです。

治療には、主に薬物療法が用いられます。
脳の伝達物質を正常に戻すため、一般的に「半年から一年の長期治療」になることが予想されます。
薬の効果を信じられずに途中でやめてしまったりする人も少なくありません。

発祥の原因はいくつかあります。
ストレスや悲しい出来事がそうであったり、昇進、進学、目標達成などでも、発症するようです。
どちらも、それらの事柄をきっかけに、脳内物質の伝達異常が起こるようです。
なお、責任感が強く、一人で溜め込んでしまう性格の人にそれは多いそうです。


はっきりしているのは、薬でうつ病は治るという事ですね!



______________


うつ病の治療には以下の種類の薬物が用いられます。
(長いです)

▼三環系抗うつ薬(第一世代)

古くからある抗うつ薬で、効果は優れていますが、副作用がでやすのが欠点。
また、効いてくるまで少し時間がかかります。
うつ病のほか、パニック障害、夜尿症、神経痛の治療にも使われています。

トリプタノール、トフラニール、アナフラニールなど


▼三環系抗うつ薬(第二世代)

第一世代の薬より、多い口の渇き、便秘などの不快な副作用が軽減されています。
一方、抗うつ作用はやや弱くなります。

アモキサン、アンプリット、プロチアデンなど


▼四環系抗うつ薬

作用的には弱めな反面、副作用が少ないメリットがあります。
三環系抗うつ薬の副作用が強いときにこちらを服用する場合がある。
効果の発現は比較的早いです。
眠くなることがあり、車の運転など危険な作業には注意する必要あります。

ルジオミール、テシプール、テトラミド


▼トリアゾロピリジン系

比較的新しい抗うつ薬。
精神賦活作用とともに抗不安作用も持ち合わせています。
不安感をともなった、比較的に軽いうつ状態の治療に適しています。
口の渇きや便秘の副作用もかなり軽減されています。SSRIに近い薬。

レスリン、デジレルなど


▼SSRI

憂うつな気分や不安感をやわらげたり、気持ちを楽にしたりする薬。
うつ病のほか、強迫性障害や社会不安障害、パニック障害などにも使われます。
さらには、摂食障害、過食嘔吐、女性の月経前のうつ症状などにも応用されるかもしれません。

SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)は「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」と訳されます。
セロトニン系の神経にだけ働くのが特徴で、従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用が軽減されています。
効果的には、従来の抗うつ薬と大差はありません(メモ参照)。

飲み始めの吐き気や下痢は、2週間くらいで軽くなることが多いです。
また、服用量が多いと、人によっては、かえって神経が過敏になり不安感が強まることがあります(jitteriness症候群)。
これら飲み始めの症状が強いときは早めに医師と相談する必要があります。
その後の副作用は比較的少なく、長期の維持療法にも適します。

デプロメール、ルボックス、パキシル、ジェイゾロフトなど


▼SNRI

憂うつな気分をやわらげ、意欲を高める薬です。
SSRIよりも、抗うつ作用が強く、効き始めが早いと考えられています。
これは、セロトニン系のだけでなく、ノルアドレナリン系の神経にも働くからです。
また、口の渇きなどの副作用が少ないのも特徴。
SSRIにみられる飲み始めの吐き気や嘔吐もほとんどありません。
ただ、ときに尿が出にくくなることがあります。もともと前立腺肥大などで尿の出の悪い人は注意する必要があります。

トレドミン


▼スルピリド

比較的軽い抑うつ症状に使われています。
食欲不振や吐き気があるときにも使われます。
量を多めにしますと、気持ちを安定させたり妄想をおさえる作用もでてきます。
逆に少量を胃腸薬として用いることがあります。

副作用で多いのは、女性の生理が乱れたり、乳汁が出たりすることです。男性では乳房が張ってくることもあります。これらは一時的なホルモンの乱れによるものです。中止すればまもなく正常にもどりますので、それほど心配はないとのこと。

ドグマチール、アビリット、ミラドールなど


▼抗不安薬(BZ作動薬)

抗うつ薬ではありませんが、不安や緊張感が強いときに適応します。
デパスやコンスタンは、抗不安作用のほか弱い抗うつ作用も持ち合わせています。
眠れないときにも用います。[参:不安・緊張の薬]

デパス、コンスタン、ソラナックス、レキソタン、メイラックス、セルシン、ワイパックス、リーゼなど


▼炭酸リチウム

他の抗うつ薬が効かないときに、追加併用することがあります。
血中濃度を測定しながら、慎重に使用する必要があります。
手のふるえ、吐き気、めまい、下痢などが現れたら、すぐ医師に連絡してください。
なお、本来の適応症は躁病(躁状態)です。[参:“躁うつ”の薬]

リーマス


▼精神刺激薬

気分を高める作用から、うつ病に応用することがあります。
リタリンは安易な処方が社会問題となり、保険適応が削除されました(ナルコレプシーのみ適応)。
副作用で多いのは、食欲不振、不眠、口の渇き、頭痛、動悸、便秘などです。
むやみに増やしますと、薬に頼りがちになり、やめにくくなります。
医師から指示された用法・用量を守る必要があります。

ペモリン、リタリンなど

_______________




結論

うつ病は、周囲の人の助けなくして治るものではありません。
まず病気の事を理解して上げることが、患者さんのメンタルを助ける第一歩と言っていいかもしれません。
ですから、「KIAIでどうにかなる」などと理解のない言葉を投げかけるのはナンセンスです。
薬を途中でやめないように回りが助けてあげたり、「あわてなくてもいい」などの言葉をかけるのが最善だと思います。
減らせるなら、仕事も減らす事も必要でしょう。
根気よく薬と付き合っていく必要があるという事ですね。
薬物療法が始まると、上で挙げたすべての薬が使われるわけではありません。
状態に合った、最適な種類の薬が投与されます。

最後に、私達は常に、うつ病になりうる可能性を持って日々を生きていることを自覚しないといけません。
嫌なことが引き金なばかりか、何かを成し遂げた時にさえ、うつ病は牙を向きます。
こればっかりは気合でどうにかなるものではないので、ある意味、運を天に任せるしかありません。

それでも強く生きていくのが人間。
私達は「異常」を知ることで、「正常」のありがたみを自覚することができるでしょう。
 

テーマ:テイルズウィーバー - ジャンル:オンラインゲーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。