プロフィール

アイソラ

Author:アイソラ
_1216365982_619.gif

猫鯖でひっそりまったり活動中。
クラブ:ぴんきりに所属中
毎日更新が目標。

Lv222
特技:チャット誤爆
職業:大学生
血液型:O型Rh+
星座:おひつじ
性格:気分屋かも
明るい人には憧れます。

TW復帰しました

同名の某財布ブランドとは一切関係ありません

リンクはご自由に
相互リンク随時募集です

「TWは、愛すべき悪循環」

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

人生のAGIが足りない
TW自粛中の人が綴る日常のありさま。 更新はまったり。 人生のAGI(機敏さ)が足りない人のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の失敗


私は、数ヶ月前の過去に、ある失敗をした。

相手に致命的なトラウマを残してしまうほど、嫌な思いを長時間に渡ってさせてしまったのだ。


それが今になって、じわじわと私を罪悪の感情が取り囲んでいく。

私は当時、良くない事だろうな、と思いながらも互いのためになると思って、それをした。

心のどこかで、相手は私を許してくれる、それほど気には留めていない、と思い込んでいたのだ。


しかし相手からすれば、私はあの瞬間から嫌悪すべき存在へとなってしまったということに結果的にはなる。




相手に嫌われる。




私にとってはそれほど珍しい経験ではない。

私の人生において、必ずと言っていいほど、どこへ行っても、私を嫌う人間が数人いた。

もう、そういう事は仕方がないことなのかもしれない。

恨みを買いながら生きていくのは私の常だと思っているし、今回の場合は、私にも非の一端はある。





だが、これだけは主張したい。





「されども、私は、あなたを傷つけようと思って、あのような事をしたわけではありません」




ああ、こんな事を言ったら誤解されるかもしれない。

けれど「されども」、私には「悪意」はなかったのだ。


これが私の抱く意思であり、ある種の正義であり、相手には最も理解しがたい感情であると思う。



私はその相手に対して、なんらかのケジメをつけなければならないでしょう。

それも近いうちに。

形と過程はどうあれ、相手を傷つけてしまったのは事実なのだから。





久々に憂鬱な記事を書いてしまった;

もし不快に思ったのならば、深くお詫びいたします。

でも、書かずにはいられなかった。

この感情を理解していただけたら幸いです。





今日の一枚
20071024235714.jpg

カウルWPに大量に沸いたBOT。
一部の人が「結、滅!」などとオープンで連呼しまくり、結界師の真似事をしたりしていて、見ていて面白かったです。
……ある意味で。

脳内でBOTを結界に封じ込めて破壊していたんでしょうか。
どのみち、私の足りない頭では到底理解できないことですね!


眠いので今日はこの辺で……。
 
スポンサーサイト

テーマ:テイルズウィーバー - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

悪意があったかどうかではない
要は相手の指摘を真っ向から受け止めているかどうか
自身の問題として考えることができているでしょうか
反省するかどうかではないんです
相手の反応を真摯に受け止められるかどうか
それだけが問題のような気がします
【2007/10/25 06:56】 URL | 魔女の安息日 #- [ 編集]


ゲームで便利に使う補助装置!知ってますか
ゲームをもっと安らかに楽しんで、無理なゲームによる使用者の健康を守ります。
. macro : ゲームで反復的な(キーボード/マウス)動作を録画した後、再生。
. graphic2 : ほぼ全てのゲームでゲーム画面を認識して自動狩りを行います
. m-key : ゲームで反復的なキーボードの動作を別のキーに登録して,使用。
詳しい情報をご希望であれば、下記のアドレスに訪問して見てください。
(automouse.jp )
【2007/10/25 16:03】 URL | Gamer #Sts9A5QI [ 編集]


コメントありがとうございます。

魔女さんの言っている事は、解釈によっていろいろな意味を含んでいるように思えます。
確かに相手を真摯に受け止める事は大切な事です。
むしろそれが、罪を認める認めない以前の、究極の対応であると感じます。

ありのままに相手を受け入れるのが大事なのでしょう……。
しかし私にはそれを完璧に実行する事は、まだ難しいようです。
負い目を感じ、無意識に避けてしまう。

私の先輩から頂いた助言と併せて、最善の解決を目指して行きたいと思います。
場合によっては解決に至らないかもしれませんが。

 
【2007/10/25 22:32】 URL | アイソラ #mV7s0irc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://aisoraaisora.blog115.fc2.com/tb.php/73-38318f9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。